April Fools Chapter – The True Overseas Bro Experience
1.9k 82 32
X
Reading Options
Font Size
A- 15px A+
Width
Reset
X
Table of Contents
Loading... please wait.

アルフィ タイタ - [Meincraft] 花焔コラボ!死なない! 本当に!
アルフィ・タイター・Ch.
5分で生放送
11月23日(土)午後4:00

[indelibleviper - *Alfi AND Hana? Welp... time to become diabetic.*]
[lemnyx - yahallo]
[Stargazing_Moonfox - Meincraftでアルフィとハナ?アグレッシブなMobsのために、不幸なスキル....F でパーティを組むと不幸になる]
[Stonelight - Can't wait for the stream with Alfi and Hana]
[Neutral - *aoko stream was a disaster*]
[Nanashi - Did the Stars align properly?]
[Wkppp - *love you Alphy! あのクソゲーでどれだけ死んでも気にしないで! ゲームを楽しんでください!*]

4分でライブ

[Hedgeboar - Cool toes... my toes are cold, help.]
[Heilp_Meuh - inb4 John finds out it's Vain who-]
[このメッセージはモデレーターによって削除されました]
[MOD: TITOR - No breaking the fourth wall.]
[breezywoodcock - 第四の壁? 誰かがここでロールプレイしているのか?]
[MOD: Beta - 父よ、ここで何をしているのだ?]
[MOD: TITOR - This is a prescripted message. ジョンは現在外出中です]
[MOD: Beta - ああ。ボットか。面白いですね。選択肢として考えておくべきだったな]

3分で生放送

[incisiverat - Oh! UTubeがついに非検証ユーザーにチャットで名前を表示させるようになった!]
[improbablebacteria - About damned time.]
[Poppy Gloria - Good luck to the two of you, darlings! Have fun!]
[Alfi Titor Ch. - Thank you Miss Gloria! And thank you for always watching!]
[Poppy Gloria - No problem, darling! Love the hard work! Keep it up!]

2分で生放送

[Quasitor - Hello]
[Cheshir3Cat - 狂気の沙汰の専門家だからね ウサギの穴から話してるんだよ.]
[colorfulwoodchuck - そうなんですよね! それに、彼らは本当に才能があるんですよね]
[Winder - グローバル・ストリームがあちこちで上映されるとは思わなかった]
[Equinox: Hi people]
[Angry Sunset - Creeper...]
[yuu go - Aw man! How'd I get here?]

あと1分で生放送

[Mestreangel - I just realized that this exists. I didn't see it in previous streams.]
[: - ᵢ ₕₐᵥₑ FᵢₙₐₗₗY ₚᵢₑᵣCₑD ₜₕₑ ᵥₐₗₑ ₐₙd ₕₐᵥₑ ₘₐdₑ ᵢₜ ᵢₙₜₒ ₜₕᵢₛ ᵣₑₐₗᵢₜY! ₐₕₐₕₐₕₐₕₐₕₐₕₐₕₐₕₐₕₐ!]
[outrageousstoat - *The hell? What's up with that font?*]
[DaSH - アルフィとハナの顔公開!]
[MOD: Beta - ...Pft.]
[Yuzu02 - Beta pls marry me!]
[MOD: Beta - Disgusting.]

Alfi Titor Ch.が始まるのを待っています...。

[MajesticBlobFish - *Miss streamer is late BabyRage Kappa I do hope Twotch emotes are easily understood in this sector of the internet*]
[thriftybullocks - *Goddammit, the Twotch cancer is spreading!Get out of here! No one wants to be a pogchamp!*]
[Luxeed - いくぜ!]
[VeryBadBunny - *WOOO YEAH BABY THATS WHAT I’VE BEEN WAITING FOR! THATS WHAT IT’S ALL ABOUT!*]

[Play C418 - Sweden]

サムネイルが消えて、アルフィのいつものストリーミング設定が現れた。画面の左側にはゲームのウィンドウがあり、現在は一時停止メニューになっている。一方、右上にはチャットが浮かんでいて、白い箱の中にフワフワと思考の泡のように浮かんでいる。しかし、いつもの設定とは違い、アルフィは一人ではなかった。

「おはなよ!」 明るく元気な声がした。カメラに向かって手を振っている穂村花。いつもの服装とは違い、オレンジ色のパジャマに虎のフードが付いた、こじんまりとしたものに着替えていた。

「皆さん、こんにちは。」アルフィも照れ笑いをしながら手を振っている。"遅くなってごめんなさい。お待たせして申し訳ありません。

アルフィもハナと同じようにパジャマセットに着替えていた。いつものパンダのパジャマだ。少し恥ずかしいのか、アルフィはフードをかぶっていた。

二人はアルフィの部屋のソファに一緒に座って、二人ともノートパソコンを持っていた。

花はアルフィを突っつくようにして、"ねーちゃん、隣に座ればいいって言ったでしょ!"と言った。

アルフィは赤面した。"アルフィは顔を赤らめた。ストリーミングのチュートリアルを見ても、うまくいかないって書いてあったのに!」とアルフィは赤面した。

"それは、私たちのソフトが彼らのものとは違うからだよ。"

"おーい。そうか...」。

[AlfiFan101: 200 USD - *Go Alfi!*]
[immodestjellyfish - *Whoa, a red super off the bat?*]
[vividjaguar - *Wow. Simps are scary.*]
[joblesstoucan - 海外勢の一斉射撃が始まった!]
[weirdopossum - 兄弟!?負けられません!]

アルフィは、チャットをちらっと見て、慌てました。"もうすうぱちゃと? ありがとうございます、AlfiFan101- あ、待って、そのユーザー名... 自分のことをそう呼んでもいいのかな?"

花はノートパソコンを見ながら、「あ!自己紹介を先にした方がいいかも!」と言いました。

"そうですね。じゃあ、私が行くか......」。

"オハナヨ!" 花は手を振って「Project MirAIs Generation 0 - Prototype, Hana Homuraです!」と言った。彼女は笑顔で「いつかあなたも私のオハナシの仲間になってね!」と言った。

"は-はい!" アルフィは喉を鳴らして、"こ-こんにちわ! P-Project MirAIs Generation 0 - Prototype, Alfi Titor." 彼女は頭を下げた。"どうぞ、よろしくお願いします。

[unequaledblackfish - *Welcome to the family, huh?*]
[groovyponie - なんと、アルフィの可愛らしさを見逃していたのか!?]
[lyricalhornet - アルフィ、超大事にするからね! たとえ世界が燃え尽きても!]
[aggressivesimp: 100 USD - *Take it. Take all of it.*]

"またか!?" アルフィの目が回りだした。"あ, あ, あの...!"

花は笑って、「みんな、いじめないでよ。せめて私たちが遊び始めてからにしてよね」と言って笑った。

[aggressivesimp2: 100 USD - *Roger that*]
[aggressivesimp3: 50 USD - *Understood, imouto*]
[alfi's_OldChair: 10 USD - *Will do*]
[canadiansimp: 50 CAD - *Eh?*]

アルフィは目を閉じて深呼吸をした。その後、うなずきながら「皆さん、応援ありがとうございました」と言った。でも、スーパーチャッツは配信後に読ませていただきますね。あの...よろしければ..."

[ethicalbuffalo - 100%]
[samebuck - *So you're saying there's free chat after too? NICE*]
[notablecow - *That's fine!*]
[assertivesnipe - 応援してね、花ちゃん]

花はノートパソコンに目をやると、親指を立てて顔を上げた。"安心してください。ねねちゃんが自分を見下さないようにするから! そして、生きていてね!」。

アルフィはハッとした。"私、元気になりました! そして、みんなが教えてくれた便利なものをたくさん起動したよ!」と言って、窓を閉めた。彼女はウィンドウを閉じてから、ノートパソコンの画面を指差した。"ほら!"

画面の右下には、いくつかのテキストメッセージがフェードイン、フェードアウトしていた。足音が近づいてきた」とか「風が遠い」とかの通知だ。

"これで外れてもバレないわね......え?" アルフィはまばたきをした。"クリープヒス...?"

"バッドモンスター!" ハナは目を細めて、キャラクターを動かした。ゲーム画面では、オレンジ色のモヤモヤしたものが飛んでいき、「バキッ」という音が響いた。

*Something hits*
*Creep hisses*
*Explosion*

アルフィは悲鳴を上げ、カメラを回転させながらキャラクターを遠ざけました。"ハナ!?大丈夫ですか!!"

花は笑って手を振った。"私は大丈夫です。クリープは爆発したけど、その爆発が私を襲っただけ。ほらね」。彼女はノートパソコンを傾けてアルフィに見せた。

"ああ。それができたんだ"

"ねーちゃんの言うことなら何でも聞くよ" はなは笑顔でノートパソコンを後ろに移動させた。

[harshboars - *Looks like Alfi's number one fan Mister Creep came back!*]
[toothsomecrane - 待てよ、これは新しい世界ではないのか?アルフィのクリープ運はそんなに悪いのか?]
[glutinousswan - *lol Can't escape monster ambushes even in a new world*]
[unripecurlew - さすがは最強のイモムシ]

花はチャットを見て、胸を張りました。"そうだよ! 私がいる間は、ねーちゃんに何もさせません!」。

アルフィは顔をしかめた。"嬉しいけど...なんであんなに複雑な気持ちになるんだろう...。昔のパパはこんな気持ちだったのかな?"

ハナは苦笑しながら、「ねーちゃん、行こうよ!」と言った。暗くなる前にシェルターを作らないと!」と言った。そう言うと、花のキャラクターは画面の中のアルフィの横を走り抜けた。花と同じように虎のパジャマを着て、オレンジ色の髪をしていた。

"はい!" アルフィはうなずきながら、ゲームの中の彼女を追いかけた。

アルフィがスポーンした最初の世界とは違い、新しいサーバーのスポーンは比較的普通だった。派手な崖や土の山があり、遠くには白樺の森があり、その先には豚や鶏、牛が走り回る広い草原があった。

[functionalbass - 今回はゴッドスポーンがないんですね。]
[outrageousdove - *Is this a private server?*]
[disruptiveunicorn - *Ooh! Is there going to be a Project MirAIs server?!*]
[impureweaver - 予想通り、アルフィの運はハナの運に打ち消される。]

ハナは画面に目をやった後、目を細めた。"私を不運と呼ぶのか?"

"え?" アルフィはちらっと彼女を見た。"何かあったの、ハナ?"

花は首を振った。"何もないわよ。いじめっ子がいただけよ。ふん、不運を見せてやるわ...」。

"あなたがそう言うなら..." アルフィは自分のチャットを見て、「ああ!そうだ、これはプライベートサーバーなんだ。ベティさんが、今日、A子さんの配信の後、私たちが遊べるように設定してくれました。"

"そして、明日の朝、アネウのストリームを必ず見に行ってください!" ハナちゃんも "彼女も頑張っているよ!"と声をかけてくれました。

[profuseyak - えーと、青子おねーさんは私には合わないタイプだと思うんだけど...。]
[busyjackrabbit - かわいさが足りない!?]
[helpfulthrush - *Will do! It's just after I get off from work over here!*]
[floweryiguana - *Finally, someone that will stream at a normal time...*]

アルフィは顔をしかめた。"それは失礼です。アオコさんはクサイかもしれないけど、それでも一生懸命やってるんだよ。皆さんがこんな風になっているとは思いませんでした..."

[unevenibis - 申し訳ありませんが、アルフィ!]
[excitablevole - T_T 観るよ! 約束してください!]
[wackylinnet - *Okay!*]
[vacuoussmelt - *But she made fun of you!*]

"...あなたがそう言うなら。私はあなたを信じます。" アルフィはカメラを見つめてから、"お願い、私を失望させないで "と言った。

[civiltuna - しません]
[priceydonkey - *I swear!*]
[thinkablesheep - フンフンフン。オーケー!]
[levelwren - さて、今日は何をしようかな?]

アルフィは笑顔で、"今日は...世界を制覇するんだ!"と言った。

ハナは目を輝かせて、「そうだよ!」と言った。そして、私たちを止めようとするものをすべて殺すのよ!」と言った。

[alfis_01 - ...やべ.]
[alfisFanNumberone - 花ちゃん!ダメだよ。]
[strongestNiichan - HANA! YES!]
[roboloverX86 - *I for one welcome our new robot overlords.*]

アルフィは、白樺の森に向かって、広い野原を走っていきました。"えーと......まず、木を手に入れて......"

*Cow hurts*
*Strong attack*
*Strong attack*
*Sheep dies*
*Item plops*
*Experience gained*

アルフィは固まってから、キャプションが指し示す方向を向いた。

そこには、右手に生の牛肉を持ったハナが立っていた。

"何?"

あれ? 何 これ? なぜ ことば は 日本語? そうして 悪い 日本語? わからない... へん だ... しょうがない よ. ありがと。 また ね...

そう!  忘れかけていた! ハッピー・アプリル・フール! 

こちら! プレゼント!

32